【便利技】ショートカットキー五選+基本技

ライフハック

こんにちわHASSIです。

今回はショートカットキーについて書いていこうと思います。

ショートカットキーといえば、

覚えたら便利だろうけど覚えるのがめんどくさい と、

必要なわけでもないので、重要なものを把握してあとは知らない方が多いでしょう。

そこで、重要なショートカットキーとそのほかのショートカットキー五つを

ご紹介しましょう。

重要なショートカットキー

・新規作成 ctrl + N

WordやExcelでファイルを新規作成するときに使えます。

・コピー ctrl +

クリップボードにコピーします。

・切り取る ctrl + x

クリップボードに切り取ります。

・貼り付け ctrl + v

クリップボードの文章や写真などを貼り付けます。

・ファイルを保存 ctrl + s

ファイルを保存します。

・音量の変更 fn + F10 or fn + F11

音量を上下させます。

fn + f10 音量を下げる。

fn + f11 音量を上げる。

ウィンドウを左右に寄せる

・ウィンドウを左に寄せる windows + ←

アクティブなウィンドウを左に寄せて半画面表示にする。

・ウィンドウを右に寄せる windows + →

アクティブなウィンドウを右に寄せて半画面表示にする。

ウィンドウを順に切り替える

・ウィンドウを順に切り替える Alt + Tab

Altキーを押したままTabキーを押すと順にウィンドウを切り替えられます。

アイコンの大きさを変更する

・アイコンの大きさを変更する ctrl + shift + 1 ~ 8

アイコンの大きさを変更できます。番号は表示のレイアウトの並び順です。

1なら特大アイコン、2なら大アイコン、4なら小アイコン、となります。

ファイル名の変更

・ファイル名の変更 f2

ファイルやフォルダーを選択した状態で f2 を押すとファイル名を変更できます。

変更後にenterを押すことで保存できます。

ゴミ箱に残さず消去する

・ゴミ箱に残さず消去する Shift + Delete

削除したい項目を選択して Shift + Delete を押してください。

その後の注意画面では enter もしくは Y を押すことで完全に削除されます。

普通にファイルを削除すると一度ゴミ箱に入りますが、このショートカットキーを使えばゴミ箱を経由せずに削除できます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました